ホワイトニング

ホワイトニング治療について

ホワイトニングとは、プラスチックやセラミックといった人工的な材料で変色を被い隠すのではなく、あなた自身の歯を白くする治療法です。

歯の変色は、先天的(持って生まれた状態)と、後天的(加齢によるもの、コーヒーやお茶など歯の表面から沈着するもの、薬物によるもの等)とに分類されます。ホワイトニング治療とは、ホワイトニング材を歯の表面からしみこませ、歯の中の色素を分解させる方法です。

ホワイトニング治療には、オフィスホワイトニング(診療所内で歯科医が主体となり、患者さんに治療をする方法)と、ホームホワイトニング(歯科医の診療方針・指示に従い、患者さんが自ら行なう方法 )とがあります。どちらの治療方法も、歯科医師が患者さんのお口の中(歯や歯周組織の状態)を診断してから治療が始められます。

  適応  増齢による変色、若年代の黄ばみ
      嗜好物、飲食物による変色
      薬物による、軽度の変色
      歯冠修復の行なわれていない神経のない歯

  非適応  歯牙の形成不全
       薬物による、重度の変色

ホワイトニング剤には、過酸化水素か過酸化尿素が含有されています。口腔内の使用に毒性はありませんが、不適切に使用された場合、組織を傷つけるおそれがあります。かならず歯科医師の診断を受け、指示に従って下さい。妊産婦、授乳中の方は、避けられた方が良いでしょう。

ホワイトニングについて、よくある質問にお答えします。

Q、痛くはないのですか?

歯医者さんでホワイトニング行なう場合、最新の器材で行ないますので痛みがでません。お家で行なう場合にも、まれに知覚過敏(歯がしみるような症状)が起きることがありますが、この症状の大部分は、数時間後には治まるものですから心配にはおよびません。また、人によっては治療後に軽い違和感を感じる事があるかもしれませんが、短時間ですぐに緩和します。

Q、歯の白さはどのくらい持続できるの?

ホワイトニングによる効果は、変色の具合いや色調、原因により個人差がでます。白さの持続にも個人差が表れ、時間の経過とともに治療直後の白さから若干濃くなる事がありますが、処置前の状態に戻る事はありません。

Q、ホワイトニングは安全ですか?

ホワイトニング材は、アメリカでもその安全性が証明されています。