小児歯科

小児歯科について

基本的に、緊急性のある場合以外は抑えつけての治療は行ないません。本人が自らの意志で口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちを育てます。

抑えつけられての治療を受けた経験は必ずトラウマとして一生残ります。強いトラウマを持った子は成長してもなかなか治療を受け入れられないことも多く、気づいたときにはお口の中は悲劇的な状況になってしまっていることもあります。

初めは医院に入ることもできなかった子がトレーニングによって治療を受けられるようになり、最終的には定期健診も自らすすんで受けるようになるのが当院のスタイルです。

治療に連れてくるお母さんも、治療を行なう側も非常に根気が要りますが、その結果得られるものは必ずあります。子供の成長ぶりは驚くほどで、それがまた両親、そしてわれわれの大きな喜びになります。それが本当の小児歯科であると考えます。