歯科口腔外科

歯科口腔外科について

院長の専門でもある口腔外科は、ただ歯を抜いたり、歯ぐきを切開したりするだけでなく、特に歯科を医科の1分野である口腔科と捉え、全身を見据え、全身の一部として行なわれるさまざまな治療が含まれます。

インプラント治療や歯周外科手術、通常の一般開業医が行なわない埋伏歯の抜歯や外傷などの緊急処置などの他に、有病者、高齢者の歯科治療、外科処置も全身管理のもと行います。

モニター当院では、血圧や脈拍などの全身状態を経時的に確認する機器を備えています。他の診療科との連携も大切にしています。現在までの病気の症状や経過、投薬など必要な情報を得て、患者さんが安心して治療が受けられるよう配慮します。

また、現代特有の病気である口臭やドライマウスに対しても全身を見据え、医学的根拠にのっとった体系化された治療を行います。

顎関節症についてはマウスピースによる治療を行なうほか、内視鏡手術などが必要な場合は大学病院とのパイプを利用して病診連携をとります。