近頃なんだか口の中が乾く。唾液が減っていませんか?

・くちびるが前歯に張り付いてしゃべりにくい
・虫歯が急に増えてしまった
・お茶がないとパサパサして食べにくい
なんてことありませんか?

もしかして原因は唾液の分泌の減少かもしれません。

普段は意識せずに暮らしていますが、唾液が減ってその機能が十分に働かないとさまざまな影響があらわれます。
ほかにもこんな変化はありませんか?
ぜひチェックしてみてください。

・笑うと前歯にくちびるが引っ付く
・夜中にのどが乾いて目が覚める
・口内炎ができやすい
・合っていた入れ歯が落ちやすくなった
・お茶がないと飲み込みにくい
・口臭が強くなった
・虫歯が急に増えた
・酸っぱいものがしみる。味覚が変わった。

?どうして唾液が減ってしまう?

いろんな要因があって一概には言えないのですが加齢による年齢的な変化や口の周りの筋肉の運動不足、
飲んでいる持病の薬の副作用などのために口が乾いてくるかたが少なからずおられます。

【ちょっとした工夫でうるおいアップ!】

・よく噛んで食べよう。

 体調管理のためにも日ごろから水分は十分に摂りましょう。
・お酒はほどほどに。
 アルコールには利尿作用があり、分解や排泄のために水分が奪われます。体内の水分が減ると唾液も減ってしまうので、
 深酒は控えましょう。
・口呼吸を見直そう
 普段口を開けて呼吸していませんか?口呼吸は口が乾くうえ、細菌やウイルスが口の中から体内に入りやすくなります。
・コーヒー・紅茶などを飲みすぎない。
 カフェインの入った飲み物は利尿作用があります。体内の水分が減ると唾液が出にくくなる事が。
 口が乾くからとコーヒーを10杯、20杯と飲んでいると逆効果なのでほどほどにしましょう。
・禁煙しよう
 タバコのニコチンにも利尿作用があります。タバコの吸いすぎは唾液を減らすうえ、免疫機能が低下するため
 歯周病の悪化にも拍車をかけます。禁煙をお願いします。
・マスクをして寝よう
 よる口をあけて寝てしまい、夜中に口の乾きがつらくて目が覚めるというかたはマスクをして寝ると楽になることがあります。

「病気ではないから」とつい我慢しがちな口の乾き。でも実は歯や粘膜のトラブルのリスクなのです。
口がぱさぱさするなと思ったらまずは歯科医院にご相談ください。
大切な歯と粘膜を一緒に守っていきましょう。