北浦和で人気の歯医者・歯科「はーとふる歯科クリニック」は予防歯科、インプラント、口腔外科を診療しています。

048-834-2118
お問い合わせ
WEB予約

内容

Prevention予防歯科

はーとふる歯科クリニックは、『熱い情熱をもって地域住民のホームドクターとして皆様のお口の健康を守り、口腔を通じて全身へのヘルスプロモーション(健康増進)を図るためのお手伝いをしていくこと』 を最大のビジョンとして掲げています。

特に予防という観点から、皆様に歯医者は『痛くなってから行く』のではなく、『歯の健康維持のために通うところ』と考えていただくことが理想です。虫歯や歯周病に罹ってしまい痛みなどがでてきてからの治療というのはほとんどが事後の治療です。悪くなったところを治す修理です。完全に元通りになるものはほとんどなく、失ったものの代わりを補う治療が中心になります。どんな治療をしても、自然の恵みのものに匹敵するものはありません。

たとえば、虫歯を削りまた咬めるようにピッタリとしたクラウンを被せます。最高にぴったり被せても通常数十ミクロンの隙間があいています。虫歯の原因となる細菌は0.5~1ミクロン程度ですから、セメントが壊れてしまえば細菌の侵入をまねきます。つまり、いったん虫歯をつくってしまうといくら治療を受けても、もとの健康な歯にくらべると多くの弱点を抱えることになるのです。

虫歯はミネラルの収支赤字によりできます。歯をかたちづくるミネラルは、歯垢の中の細菌が出す酸によって奪われ(脱灰)、唾液によって中和されると歯の内部で再び結晶化します。(再石灰化)します。唾液の中和が追いつかないほど食べてばかりいるとミネラル収支が悪化します。歯磨きの届いていないところは当然細菌が繁殖しますからpHは酸性に傾き同様にミネラル収支は赤字になります。

このように、食習慣、口腔衛生習慣、あるいは唾液の分泌量や緩衝能などが個々人で異なり、リスクも異なります。虫歯と歯周病はともに慢性疾患です。慢性疾患を治す方法はリスクコントロール以外にはありません。ですから、自分のリスクを的確に把握することが非常に重要になるわけです。

当院ではう蝕リスクテストとして、各種細菌検査、唾液検査、口腔内の状態、食習慣、ケアの実施の方法などを調べリスクコントロールに役立てています。
治療が終了してもお口の中の虫歯や歯周病になりやすい条件をそのままにしていれば必ず再発します。予防、リスクコントロールをせずに処置ばかりでは、終わりのないいたちごっこです。

自分のリスクを知って望む予防と知らずに望む予防、どちらが効果的かは言うまでもありません。予防するのはあなたです。はーとふる歯科クリニックは、そんなあなたの予防、リスクコントロールを全力でバックアップします。


Periodontitis歯周病治療

歯周病とは、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。
歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じる事が少ない(自覚症状がない)と言う事です。

歯を支える組織は、歯肉や歯槽骨などから形成されています。

歯肉に炎症が起きるのを歯肉炎、 歯槽骨まで及ぶのが歯周炎、以前は歯槽膿漏と呼ばれていました。双方を合わせ歯周病と称します。

歯周病の原因

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。プラークは、歯の表面に集まる目には見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜です。プラークは次第に堅くなって歯石となります。これが感染を招き、次第に歯の周囲にポケット(歯と歯肉の隙間)ができ、歯を支持している組織(歯肉や歯槽骨等)を破壊していきます。

歯周病はバイオフィルム(細菌塊)感染症

歯周病は細菌感染症で、その発症にはA.a.菌やP.g.菌など数種類の細菌がかかわっており、歯垢(プラーク)を長期間放置する事で、バイオフィルムという細菌集団の膜が歯に強固に付着し、歯周病を進行させるのです。

歯周病の治療

歯周治療を希望して来院される患者さんの多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。また、歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、私たち歯科医院では歯周病が進行していると思われる患者さんには、十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。

一般的に、歯周治療は以下のように進められます。
(歯周病の重症度によって、治療の期間や内容は大きく異なる事があります。)

01初診、緊急処置

初診で来院した患者さんには、問診票の記載事項を確認の上、口答で再度確認したり、より詳しい情報を得るための補足の質問等を行ないます。
痛みがある場合等はまず、痛みを取り除くような緊急処置を行ないます。

02診査

まず病状の正確な把握の為に、さまざまな診査(口腔内写真・歯周ポケット計測・歯の動揺度検査等)を行ないます。
この診査は適切な診断と、治療計画の立案の為に非常に重要です。

03診断、治療計画の決定

検査の結果をもとに、患者さんに現在のお口の中の状態を十分に説明を行ないます。
歯科医師は病状を診断し、それぞれの方にあった治療の計画を立てます。

04治療

歯周病の治療には、それぞれにあった計画的な治療が必要となりますが、一般的に歯周治療は以下のようなステップで行なわれます。

  • a プラークコントロール
  • b バイオフィルムの除去
  • c プラークコントロールの確認
  • d リスクファクターの改善
  • e 再検査
  • f より良いお口の環境を得るための治療

定期的なメンテナンス

治療によって歯周病が改善すれば、定期的なメインテナンスに移ります。歯周病はバイオフィルム感染症です。ですから、適切にプラークコントロールする事で、バイオフィルムの形成を防ぐ事ができます。プラークコントロールは、患者さん本人が家庭で行なう事が中心となりますが、歯周病は容易に再発してしまう病気の為、定期的に来院して頂き検査(検診)する事をお勧め致します。

定期的にきっちりとメインテナンスを行なえば、歯周病の進行は食い止める事ができます。適切なブラッシング技術を身につけ、プラークを除去できれば、歯周病は確実に改善していきます。


Pediatrics小児科

基本的に、緊急性のある場合以外は抑えつけての治療は行ないません。本人が自らの意志で口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちを育てます。

抑えつけられての治療を受けた経験は必ずトラウマとして一生残ります。強いトラウマを持った子は成長してもなかなか治療を受け入れられないことも多く、気づいたときにはお口の中は悲劇的な状況になってしまっていることもあります。

初めは医院に入ることもできなかった子がトレーニングによって治療を受けられるようになり、最終的には定期健診も自らすすんで受けるようになるのが当院のスタイルです。

治療に連れてくるお母さんも、治療を行なう側も非常に根気が要りますが、その結果得られるものは必ずあります。子供の成長ぶりは驚くほどで、それがまた両親、そしてわれわれの大きな喜びになります。それが本当の小児歯科であると考えます。

  • はーとふる歯科クリニック
  • facebook
  • ドクターズファイル