予防歯科

予防歯科について  ~リスクコントロールの重要性~

唾液検査
はーとふる歯科クリニックは、『熱い情熱をもって地域住民のホームドクターとして皆様のお口の健康を守り、口腔を通じて全身へのヘルスプロモーション(健康増進)を図るためのお手伝いをしていくこと』 を最大のビジョンとして掲げています。

特に予防という観点から、皆様に歯医者は『痛くなってから行く』のではなく、『歯の健康維持のために通うところ』と考えていただくことが理想です。虫歯や歯周病に罹ってしまい痛みなどがでてきてからの治療というのはほとんどが事後の治療です。悪くなったところを治す修理です。完全に元通りになるものはほとんどなく、失ったものの代わりを補う治療が中心になります。どんな治療をしても、自然の恵みのものに匹敵するものはありません。

たとえば、虫歯を削りまた咬めるようにピッタリとしたクラウンを被せます。最高にぴったり被せても通常数十ミクロンの隙間があいています。虫歯の原因となる細菌は0.5~1ミクロン程度ですから、セメントが壊れてしまえば細菌の侵入をまねきます。つまり、いったん虫歯をつくってしまうといくら治療を受けても、もとの健康な歯にくらべると多くの弱点を抱えることになるのです。

虫歯はミネラルの収支赤字によりできます。歯をかたちづくるミネラルは、歯垢の中の細菌が出す酸によって奪われ(脱灰)、唾液によって中和されると歯の内部で再び結晶化します。(再石灰化)します。唾液の中和が追いつかないほど食べてばかりいるとミネラル収支が悪化します。歯磨きの届いていないところは当然細菌が繁殖しますからpHは酸性に傾き同様にミネラル収支は赤字になります。

このように、食習慣、口腔衛生習慣、あるいは唾液の分泌量や緩衝能などが個々人で異なり、リスクも異なります。虫歯と歯周病はともに慢性疾患です。慢性疾患を治す方法はリスクコントロール以外にはありません。ですから、自分のリスクを的確に把握することが非常に重要になるわけです。

当院ではう蝕リスクテストとして、各種細菌検査、唾液検査、口腔内の状態、食習慣、ケアの実施の方法などを調べリスクコントロールに役立てています。
治療が終了してもお口の中の虫歯や歯周病になりやすい条件をそのままにしていれば必ず再発します。予防、リスクコントロールをせずに処置ばかりでは、終わりのないいたちごっこです。

自分のリスクを知って望む予防と知らずに望む予防、どちらが効果的かは言うまでもありません。予防するのはあなたです。はーとふる歯科クリニックは、そんなあなたの予防、リスクコントロールを全力でバックアップします。

予防のためのプログラムは、こちらから ⇒ 歯あとふるクラブ